ネットカジノが違法行為と言われる日は来るのか

ネットカジノは2021年現在、基本的なプレイをする分には違法になりません。
しかし、そんなネットカジノが完全な違法になる日は来るのでしょうか。

答えは、可能性が低いものの来る可能性はあるということです。
今回、ネットカジノが将来違法行為となる可能性がある理由についておはなしします。
これを読めばきっとネットカジノがもし違法行為になるとしたら、どんな可能性があるかが分かるはずです。

IR法案によって施設がつくられたら違法になる可能性

IR法案によって施設がつくられたら違法になる可能性
カジノ法案(IR推進法)という法律について国会で議論されています。
これは統合型リゾートを建設して、日本の観光産業を活性化するということを目的としたものです。
カジノを作るための法律といわれているこの法案ですが、名目上はホテル、商業施設(ショッピングモール)、レストラン、劇場、映画館、アミューズメントパーク、スポーツ施設、温浴施設と国際会議場などの施設を一体化させた施設を作ることを目的としています。

しかし、実態は公認のカジノをその施設内に建設し、特区のようにしてカジノ施設を運営することで多くの観光客を集めようという内容です。
このカジノは当然実店舗のカジノであり、この実店舗のカジノの商売敵となるのがネットカジノになります。
確かにIR施設が順調に運営されていれば、ネットカジノは黙認された状態になるかもしれません。

しかし、運営が順調でなかった場合、様々な法律が整備されて商売敵であるネットカジノを規制する法律ができる可能性があります。
そうなると、ネットカジノのプレイ自体も違法行為として判断され、見せしめに逮捕者が出るという形になるかもしれません。

このような可能性があるものの、海外の公認サービスをプレイしているのに運営元が逮捕されずにプレイヤーだけが逮捕されるというのは、明らかに不自然であり、仮に海外の運営元の企業が摘発されたとしたら国際問題になります。
そのため、可能性としてあるものの、その確率は低いといえるでしょう。

送金関連に規制がかかってネットカジノが違法になる可能性

送金関連に規制がかかってネットカジノが違法になる可能性
ネットカジノは海外のサービスですが、その儲けを自分の銀行口座に引っ張ってこようと思った場合、どうしても日本にお金を送る必要が出てきます。
こういった場合に法律で規制がかかると、ネットカジノのプレイ自体は違法でなくとも、出金時に違法な送金を行ったとして摘発されるという可能性です。
こうすれば運営元は公認でも日本人が多額のお金を出金しようとした際に逮捕されるというケースも出てきます。

ただ、こちらも現実的ではありません。
なぜならネットカジノは仮想通貨を利用したものが年々増えており、仮想通貨による入出金を行えば、そのお金の流れは非常に複雑になって実質違法として認められなくなります。
一部の国のように仮想通貨を完全に規制してしまえば、そういったことはなくなるかもしれません。

しかし、現在仮想通貨の研究が盛んにされており、政府のデジタル通貨のアイデアも実現に向けて動いています。
こういった風潮で仮想通貨がいきなり規制されるとは考えにくく、仮に出金の規制がされても仮想通貨を使えば、違法行為にはならなくなるでしょう。

違法行為にならないネットカジノも付き合い方を変えれば違法に

基本的に違法行為にならないネットカジノも付き合い方を変えれば違法に
このように法律でネットカジノのプレイに関して違法にするのは難しいといえます。
しかし、付き合い方を変えれば一瞬にして違法行為になるのです。

それがカジノカフェの利用です。
この店舗は実店舗で金銭の入出金を行い、それをもとにネットカジノのプレイをするという仕組みです。
そのため、プレイしていることが発覚したら店もろとも違法とみなされて賭博罪で逮捕されます。

こういったものを回避すれば違法にならないだろうと思われがちですが、仮想通貨でのやり取りが本格化したネットカジノの時代がやってきたとしたら、仮想通貨を利用するのが面倒という一部のユーザーがネットカジノだけでなく実店舗を利用したカジノカフェを利用する可能性があります。
こういった時代になった時、基本的に違法にはならないネットカジノが自分の誤った判断で違法行為に当てはまってしまうことがあるかもしれません。

そういった意味で、送金の規制がかかる可能性を考えて、今から仮想通貨の扱いを学んでおくのも良いのではないでしょうか。

万が一あらゆるネットカジノが違法とされるならどんな法律か

ネットカジノが完全に違法になるとしたら、シンプルにネットの状況が監視され、ネットカジノと認められるサイト全てに規制の目が向けられて、アクセスした上に何らかの入金をした時点で摘発されるというとんでもない状態になった時です。
こういった法律ができるのは、恐らくかなり先になるか、そもそも誕生しない可能性が高いといえます。
そのため、現状はネットカジノを基本的にプレイする分には違法はないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。