ビットカジノの出金条件は条件なしもあるって本当?

ビットカジノの出金条件は条件なしもあるって本当?
オンラインカジノは、出金する際に出金条件が存在します。
もとのベットの15倍~60倍の利益での出金条件などが多く、10ドルかけた場合には150ドルの利益が出た際に、この150ドルが出金できる金額のもとになります。
また、最低出金金額もありその金額が300ドルなどであれば、この150ドルはまだ出金できないことになります。

オンラインカジノの出金は大当たりを引くことでクリアできることが多いので、細かく出金することが難しいのが実情です。

ですが、ビットカジノには出金条件なしでの出金も可能な場合があります。

ビットカジノで出金条件をなくす方法

ビットカジノで出金条件をなくす方法
ビットカジノで出金条件をなくすことは非常に簡単です。
ビットカジノではプレイヤーに公平なゲームサービスを提供するために、入金型ボーナスの進呈を行いません。
入金型ボーナスのかわりに、ビットカジノではレギュラーキャンペーンやトーナメントを通じてプレイヤーの皆さまにボーナスを進呈しています。
すべてのボーナスに引き出し条件はつきませんが、これを断り入金した実際の金額だけでプレイすることでも出金条件がなくなります。

これはボーナスをもらうことでユーザーが有利になるので出金条件が付くことになりますが、ノーボーナスであればユーザーの有利な条件がなくなることから1倍での出金条件が適用されます。

ボーナスをもらった場合にはどうしたらいいの?

ボーナスをもらった際に出てくる出金条件は、ビットカジノでは20倍のベットになります。
50ドルのボーナスをもらったとすれば、1000ドルのベットで出金条件をクリアすることになります。
ボーナスが最も効率よく消化できて出金につなげやすいのがスロットになるので、ボーナスをもらった際にはスロットをメインにして利益を出していく方がいいかもしれません。

また、ボーナスの残高が0になることで出金条件がリセットされます。
ボーナスを消化するか、ボーナスで20倍のベットを打ち出していくかをしないと、アカウントにはボーナス条件が残ったままになるので注意が必要です。

ボーナスをもらうのとノーボーナスとどちらがいいの?

出金条件なしのノーボーナス、出金条件が20倍のボーナスをもらう。
どちらがいいのか悩んでしまいますよね。
ここで大事になるのはボーナスをもらった際のベットの消化率になります。

ビットカジノでの消化率は

スロット…100%
ルーレット、ライブカジノ…20%
バカラ、ブラックジャック、ポーカー、ホールデムシリーズ…20%

になっています。
ボーナスをもらった際は、まずスロットでボーナスをメインにしてあたりを狙っていき、ボーナスの消化を終えた際にはブラックジャックなど、2倍で手堅く利益を狙っていくなどのプレイスタイルになります。

出金条件はボーナスを使う場合には20倍になりますが、スロットの場合20倍はすぐにペイできる倍率でもあります。

投資家の意見にある手堅い利益で元手を増やしていくなどはノーボーナスのブラックジャックやポーカーが多く、一攫千金はスロットやバカラなどが中心と考えてもいいかもしれません。

出金条件をクリアすると出金はどんな流れになるの?

出金条件をクリアすると出金はどんな流れになるの?
ビットカジノの出金は仮想通貨であれば即時の出金になります。
ビットコインなどの仮想通貨であればウォレットを指定するだけで後はワンクリックでの出金になります。
ビットカジノは出金の際にビットカジノに本人確認などの書類を提出する必要がありません。
これは仮想通貨を取り扱う際に、仮想通貨取引所に個人情報を登録してあるのでその情報を利用することでビットカジノへの個人情報の登録をカットしています。

これはビットカジノに個人情報を渡したくないというユーザーにも嬉しいシステムの一つとも言えます。

即時出金・手数料も不要

ビットカジノの出金は、出金手数料が基本的にかかりません。
仮想通貨での出金であっても電子決済であっても、ビットカジノから出金される際には手数料は不要になります。

電子決済などでの出金の場合には、一度電子決済に出金し内部でドルやユーロドルに変換することになります。

エコペイズの場合は、ビットカジノからビットカジノ内部に出金され、その際に内部でドルがユーロドルに変換されます。
このユーロドルを日本円に変換し、電子決済利用手数料である5ユーロドル前後が引かれた金額が指定した銀行口座に出金されます。

よくある間違いとしては、手数料無料なのに口座に振り込まれた金額が手数料を引かれた金額だったというものがあります。
ビットカジノをはじめ、オンラインカジノから電子決済への送金手数料は無料ですが、電子決済から国内の口座に出金する場合には手数料がかかります。
この手数料は、レート計算などをすべてエコペイズなどの電子決済の中で行ってくれることを考えれば手数料としては安いという部分もあります。
また、日本円にして日本国内の口座に出金できるのでユーロドルの口座を作り自分で変換する必要もありません。
電子決済などの手数料はユーザーのレート変換にかかる手間や時間を考えると非常に安いという声がほとんどになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。