既存のギャンブル以上に期待の持てるギャンブル

ギャンブルの世界では、この数年大きな動きが起きています。

つい数年前に国会でカジノ法案が可決したことで、日本にもついに合法的なランドカジノ設立かという気運が高まって来ましたが、それはまだ先のことになりそうです。
しかし、すでにインターネットの世界では、新たなギャンブルの世界が活発に動いていました。
それはオンラインカジノという、インターネット時代の申し子とも言えるギャンブルです。

このギャンブルは、インターネット世界のギャンブルゲームとして、世界中の往年ギャンブラーからビギナーまで多くのプレイヤーの支持を集めているゲームです。
では、このオンラインカジノとは、一体どのようなギャンブルなのでしょうか?

ジャックポットで数千万円の配当金が出るスロット

カジノのゲームと言えば、すぐに思い浮かべるのがスロットマシンではないかと思います。
日本のパチスロでもお馴染みのゲームで、コインを入れて回しながら、縦・横・斜め+変則的ライン揃いで配当金を稼ぐゲームマシンです。
オンラインカジノでも、スロットが色々な様式を伴って多くのカジノサイトに公開されています。

このスロットには、ジャックポットという大当りの特典的な配当金があります。
ジャックポットの仕組みは、世界中のプレイヤーから賭け金の一部を一定期間プールにしておき、不定期で一気に吐き出すようになっています。
このジャックポットの配当金額がとても大きく、オンラインカジノのスロットマシンでも、日本円で数千万円が当たる可能性があります。
今までにも、何人もの日本人プレイヤーがオンラインカジノで、数千万円の配当金を稼いでいます。

過去最高額4億円と超ビックな配当金も出たことがあるスロットも、オンラインカジノゲームの中でまとまった配当金を稼ぐチャンスがあることから、オンラインカジノには大きな期待を寄せることができるのです。

他にも数々の魅力があるオンラインカジノ

このように大きな配当金を手にするチャンスがあるオンラインカジノを、インターネットで参加するオンラインタイプの対戦ゲームとしか理解していない人も少なくないでしょう。
オンラインカジノは、ネット対戦ゲームやロールプレイングゲームに近い感覚で楽しめますが、それよりも増してキャッシュをリアルに賭けて、配当金を稼げる可能性を秘めたギャンブルゲームなのです。

オンライン型ギャンブルなので、クレジット決済・金融機関振込・仮想通貨決済などで入金後、カジノ専用チップで、オンラインカジノのゲームに賭けていきます。
勝負に勝つことで、配当金を稼ぐことができる本格派のギャンブルで、オンラインカジノにはブラックジャックやポーカーなどのカードゲームから、ルーレット・スロットが用意されています。

これらのゲームは、パソコンだけでなくスマホ・タブレットからの参加も可能で、僅かな時間でも賭けることができるので、何時でも何処からでも楽しめる点が魅力です。
忙しいビジネスマンの人達でも、1日の中で、息抜きできる時間は少しくらいはあるかと思いますので、そのようなスキマ時間を使いながら、進めていくことができる「多忙な人向け」のギャンブルかもしれません。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史を振り返ってみると、実は1990年代にその動きがありました。
オンラインカジノが始まってから約30年ほど経っていますが、90年代はインターネットが世界レベルで本格的に普及した頃です。
これに呼応するようにオンラインカジノも動き始め出したのです。

その起源は、イギリス連邦加盟国アンティグア・パーブーダという国で、オンラインカジノの運営許可証の法案が国会で可決されたことから動き始めます。
この許可証(ライセンス)は、カジノ運営を法的に認めたライセンスで、一国がオンラインカジノ運営を申請者に許可することで、インターネット上でカジノを公開できるのです。

このライセンスの法律化により、イギリス連邦加盟各国でライセンスが発行される仕組みが構築されてきました。
平行して1990年題半ばには、カジノゲームのアプリ開発ベンダーも増えてきて、世界中に数多くのオンラインカジノが公開されるまでになるのです。

オンラインカジノの法的な解釈

日本でもオンラインカジノのプレイヤーは年々増えてきています。
しかし、日本で法律で認められているのは公営ギャンブルに限られており、競馬・競輪・競艇・宝くじ・スポーツ振興くじに指定されています。
それ以外は、カジノでさえも認められていないので、オンラインカジノは賭博罪の対象となるように思われてしまいます。

しかし、現状ではオンラインカジノを取り締まる法律が日本では整備されていません。
オンラインカジノのプレイ形態を見ると、海外サイトにアクセスし賭けることになることから、日本国内での賭博行為には当たらないという見解なのです。
分かりやすい例を挙げるなら、海外旅行中にカジノで賭けて帰国後に賭博罪にならないことと同義ということです。

その結果、オンラインカジノは違法とはならず、何時でも何処からでもエントリーできる魅力的なギャンブルとして日本国内にもプレイヤーが増えているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。