警察沙汰に遭わない為に

オンラインカジノと言えば、しっかりとしたライセンスを取得しているものであれば安全です。
しかし、オンラインカジノは基本的に海外で運営されているということも多く、詐欺まがいのものやインチキなものも確かに存在します。
ここではどのようなオンラインカジノに気をつけなければいけないのか、そして日本で摘発されたオンラインカジノの過去の例について紹介します。

気をつけなければいけないオンラインカジノ選び

日本では禁止されているオンラインカジノですが、海外では当たり前のように利用されており、日本でも海外で運営されているオンラインカジノを楽しむ人が多いのではないでしょうか。
しかし、そのようなオンラインカジノには詐欺やインチキなものもありますので、気をつけなければいけません。
まず、警戒するべきオンラインカジノの特徴を紹介します。

何よりもライセンスがないオンラインカジノはプレイを避けた方が良いでしょう。
ライセンスも信頼できるものでなければいけませんから、ライセンスがあるからといって安心できるというものでもありません。
そのような中、ライセンスがないオンラインカジノは特に注意する必要があります。
そもそもライセンスがないオンラインカジノは違法の可能性もあります。

さらにそこに会社の概要が書かれていなかったり、利用規約がコロコロ変わるようなオンラインカジノにもリスクがあります。
さらにはサポートの不在や遅延、支払いが遅い、バグが多い、アカウントが凍結されたりまた運営したり、ということを繰り返している、などというオンラインカジノは利用を避けた方が良いです。

日本語のサポートについて

オンラインカジノは海外で運営されていますから、日本語がないものもたくさんあります。
しかし、日本語があれば良いというわけではありませんし、なければ必ずしも危ないというわけではありません。
また後ほど述べますが、日本語のサポートがあったオンラインカジノが日本でも摘発され、5人の逮捕者が出ています。

日本語のサポートがあった方が英語がわからないという利用者には安心ですが、大切な事はサポートがあるかないか、そしてサポートが遅いか早いか、ということです。
何かあったときにサポートを利用した際、もしも返事が遅い・反応がないなどということであれば気をつけなければいけません。

日本国内で摘発されたオンラインカジノ

2009年、日本で初めてお台場カジノというオンラインカジノが問題視されました。
もともと払い戻しが遅くなり、夜逃げのようにサイトが使えなくなったと言われています。
未払いのままサイトがなくなり、今でも何が起こったのかよくわかっていません。

初めて逮捕者を出したオンラインカジノは、ドリームカジノと呼ばれるカジノです。
5人の逮捕者が出ており、利用者に対しては後日他のカジノを通じて返金がなされました。
海外法人ではありましたが、日本が運営していたのではないかと考えられており、サポートが日本語のみであったことから問題が発覚したと考えられています。

このように、サポートが日本語であれば問題ないというわけではありません。
もちろん、全てが英語とは限りませんがサポートの言語が読めないというオンラインカジノは避けましょう。

なぜ問題が起こるのか

そもそも、このようなオンラインカジノは法律で取り締まることが困難であると言われています。
ネット上のものですから、姿かたちを消してしまったり、凍結してしまったりすればそれ以上の情報が得られません。
ネット上で詐欺に遭った場合、その犯人の全貌はなかなかわからないということと同じです。
さらに問題視されたとしても、不起訴で終わるケースがとても多いです。

そのようなトラブルに巻き込まれないため、まずオンラインカジノを選ぶのであれば、ライセンスがあるかどうか、監査が関わっているかどうか、支払いの実績があるかどうか、の3つのポイントを重視しましょう。
ライセンスがあれば良いというわけではありません。
偽物のライセンスを掲げているオンラインカジノもありますので、信頼できるカジノを探しましょう。

近年ではカジノ選びに役立つウェブサイトなども存在します。
安心して楽しめるサイトや危険なサイトをリストアップしたものなどもありますので、そのような情報をチェックしても良いでしょう。

また、きちんと支払いがなされているかどうか、サポートが早いかどうか、口コミなどをチェックしてみても良いかもしれません。
消費者として賢くなり、トラブルに遭わないよう、自分の身は自分で守る努力も大切です。

たとえ安心だと思ったオンラインカジノであったとしても、バグが多い、支払いが遅い、などということに気づいたら、使用を中止した方が良いでしょう。
特に支払いが徐々に遅くなっているオンラインカジノの場合、そのうち支払ってもらえなくなる可能性があります。
凍結されてしまってからでは遅いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。