安全性の確認は何よりも重要

悪質なカジノサイトについて

オンラインカジノ初心者にとっては聞き馴染みがないかもしれませんが、詐欺行為をはたらく悪質なカジノサイトが世の中には存在するのです。
オンラインカジノは世界中で人気が急増しており、特にアジア圏におけるプレイヤーが増えています。
悪意を持つ業者はカジノ初心者を標的としており、さまざまな手法により身近に迫ってくるのです。

報告されている被害の多くは、勝ち金の不払いにあります。
せっかくカジノゲームに勝利したのに、払い戻し申請を無視されるなどの被害が後を絶ちません。
これでは、時間と資金の無駄づかいとなってしまいます。

さらに深刻とされるのが個人情報の漏洩でしょう。
アカウントの登録を済ませると、迷惑なスパムメールが急増したなどの被害が報告されています。
フィッシングメールなども混在しますから、十分に注意しなければなりません。
困ったことに、情報がいったん漏洩すると、解消されにくい特徴を有しています。
こうした被害は何としても回避しなければなりません。

 
悪質サイトの回避方法

詐欺行為をはたらく悪質サイトの存在をしっかりと認識することが大切です。
こうしたサイトによる被害を防ぐためには、近づかないことが重要と考えてください。
そのため、これからオンラインカジノを始めようとする初心者は、登録に際して十分な注意が必要です。

悪質サイトの見極めかたをレクチャーしましょう。
まず、カジノサイト内にライセンスが提示されているかを確認してください。
見当たらない場合には警戒する必要があります。
ライセンスはカジノを合法とする政府が発行するものであり、優良なカジノであれば必ずサイト内に提示しているはずです。
ライセンスを所持するためには維持費を含めて多額の経費が必要となり、詐欺カジノなどのぜい弱な運営基盤では難しくなります。

それから第三者機関による審査を受けているかも重要な判断材料です。
代表的な機関はイーコグラであり、カジノゲームの公平性を担保してくれます。
イーコグラによる認証マークが提示されているカジノサイトを選べば、インチキゲームに引っかからずに済むのです。
不正プログラムによる被害を回避するために、第三者認証を重要視しましょう。

オンラインカジノと賭博罪

近年、オンラインカジノ関連の摘発事例が報告されています。
賭博罪との関係を論じましょう。

賭博罪に問われるポイント

日本ではギャンブルが厳しく取り締まられます。
お金を賭ける行為そのものが賭博罪に問われ、場所の提供は賭博場開帳図利罪として摘発されるのです。
この点をしっかりと理解してください。

では、オンラインカジノはどうでしょうか?
その答として、オンラインカジノはグレーゾーンであるとされています。
なぜならば、罪と見做されるポイントを外しているからです。
賭博罪は日本国内限定となるものです。
海外旅行中にカジノで遊んでも、捕まることはないのと同様に、オンラインカジノは海外のサーバーにアクセスしてカジノゲームを楽しむわけですから、摘発対象にすることはできません。

ドリームカジノ事件について

2016年の6月に、大阪市天王寺区に事務所を設けているオンラインカジノ業者が摘発を受けました
オンラインカジノであるドリームカジノを運営しており、オランダ領キュラソー島のライセンスを受けているとしていたのです。
たしかに、海外の運営業者で海外に設置されているサーバーへのアクセスならば問題ありません。
しかし、今回の場合は運営自体を大阪市天王寺区の事務所でおこなっていたのです。
これでは言い逃れができません。運営業者役員は摘発後起訴されました。

違法カジノサイトプレイヤーについて

ドリームカジノ事件の問題は、合法と信じたプレイヤーにおよびます。
もちろん、詐欺に遭ったようなものですから、プレイヤーが摘発されることはありませんでした。
しかし、警察当局からカジノプレイに対する電話指導がなされたのです。
また、ドリームカジノは強制的な閉鎖に追い込まれ、残高に関して不払いとなったプレイヤーがおりました。
精神的のみならず金銭的なショックを受けることとなり、大きな爪痕を残す事件となったのです。

事件の教訓について

オンラインカジノを楽しむ前に、カジノを運営する業者に関する情報を十分に調べておきましょう。
ライセンスの確認は大きなポイントになるのですが、これだけでは不十分かもしれません。
第三者機関による審査の有無も併せて確認するようにしたいものです。
なるべく最新の情報に触れるように心がけましょう。
怪しい点が見受けられるならば、回避するようにしてください。

安全性を優先させて、楽しいカジノライフを過ごしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。